監視カメラを設置して平穏な暮らしを守ろう

防犯カメラ

事故の通報ができる

事故を素早く通報するには監視カメラで監視しておく必要があります。素早い通報によって事故による被害を少なくすることができるのです。監視カメラで保存した映像は、事故の検証や対策に大いに役立てることができます。

犯人

安心の防犯設備

家の防犯対策として防犯カメラがありますが、ダミーカメラと本物があり、録画機能が付いていた方が安心する人は本物の防犯カメラを設置します。また、悪天候による影響や機械の劣化によって機能面で問題が出る可能性がありますから、定期的に点検します。

女の人

住宅の犯罪対策は業者に

優良な防犯カメラ設置工事業者の特徴は、配線をはじめとして丁寧な工事をしており、効果的な設置の場所や、向きを提案してくれることです。住宅で防犯を強化するために、業者を利用する人が多くなっています。また、運用上欠かせないメンテナンスなどのアフターケアの魅力にひかれ、利用するケースもあります。

セキュリティ対策をする

セキュリティカメラ

映り具合を確認する

店舗にしても会社にしても、不審者が侵入しては困ります。そこで、監視カメラを設置することがあります。電気店やホームセンターなどで売られているので、まずは試しに一台、取り付けてみましょう。その際、映り具合を確認することは必須です。取り付けてみても、思うような範囲を捉えていないことがあるからです。監視カメラの設置は、通常、死角となるところになります。ビルなら角があるところなど、人が見えにくい位置に取り付けると効果的です。もちろん、出入り口にも取り付けましょう。また、店舗の場合、商品の盗難防止のために取り付けることがあります。つまり、万引き防止です。この場合もレジから死角となるところに取り付けた方が効果的です。

住宅にも取り付けられる

監視カメラというと、企業の入ったビルや店舗などに設置されるイメージが多いかもしれません。しかし、最近は一般家庭でも取り付けるところが増えてきています。これは泥棒よけになるので効率的です。住宅の場合、室内に取り付けるよりも、玄関に取り付けましょう。侵入者から見えるようなところに、敢えてつけることがポイントです。これだけでも家に入るのをやめようと思うことがあるからです。セキュリティーが万全な家だと認識されれば、入ろうとは思わなくなります。また、庭付近にも監視カメラを設置しておくとより安心です。裏庭などは、普段、家人が居ることはないからです。知らない間に庭に入ってきた人が居ても、後で録画をチェックできます。もちろん、録画機能のあるタイプを設置しましょう。