監視カメラを設置して平穏な暮らしを守ろう

安心の防犯設備

犯人

ダミーと本物がある

住んでいる家の防犯を高める方法としては、防犯カメラを設置する方法があり、設置する事によって不審者も警戒心がでて侵入しにくい環境になります。防犯カメラには、ダミーカメラと本物がありますがダミーの場合は録画機能などは付いていないですから防犯としては劣ってしまいます。しかし、ダミーカメラでもフラッシュ機能が付いている物があり、フラッシュ機能によって多くの人が本物のカメラと間違えてしまいますから、防犯効果はあります。ただ、録画機能が付いていた方が安心する人は、本物の防犯カメラを設置して、人物をきちんと把握できるようにします。防犯カメラは複数設置するのが望ましいですが、複数設置できない場合は訪れた人が誰か分かる玄関付近に設置します。

定期的に点検

自宅に防犯カメラを設置する事は、防犯面において高い効果を発揮しますが、機械である以上は定期的に点検する事が大事になります。悪天候による影響や機械の劣化によって、場合によっては機能面で問題がでてしまう可能性があります。そういった場合は防犯効果が低くなってしまいます。自分で点検できる場合は自分で行いますが、点検の仕方が分からない場合は、専門の業者を呼んで機能性に問題がないか点検してもらいます。専門業者であれば防犯カメラを点検する際のチェックポイントを押さえているため、安心して任せることができます。業者へ依頼する際には日程の調整や金額の発生が見込まれるため、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。